施工後に会社が消えてしまいアフターサービスを受けられない

原子力発電でのリスクが懸念されるところから、いま、太陽光による発電が時代のスポットライトを浴びています。

 

環境に優しいエコな発電として、また、コストの安さへの関心からも、人々の注目を集めているのが太陽光を利用しての発電です。
多くの会社が太陽光を使っての発電技術を商品化して販売にあたっています。

 

ただ、中には、好ましくない会社が出てきていることも残念ながら認めざるを得ません。
とりわけ高齢者の家をターゲットに、詐欺まがいの行為をしている悪徳業者が問題視されています。
特に目立つのが、訪問販売による押し付け販売です。

 

モニター契約をすれば安く設置できるとか、いまキャンペーン中だとか、甘い言葉を誘い文句に契約を迫るのです。

 

しかし、実際には相場よりも高額の費用になってしまっている、というものです。

 

また、電気代を節減できることで、すぐにでも投資の元が取れるかのような話を持ちかける事例もあります。
典型的な悪質業者に多いのが、杜撰な施工をして、完了後は知らん顔をしてしまうという例もあります。
工事会社そのものが消えてしまうので、消費者としても追跡のしようがないのです。

 

そのため、雨漏りで困っている家庭も少なくありません。
悪質な業者の存在には十分に留意して、契約を結ぶことが大切です。

犬14

Comments are closed.