モニター商法

「モニターになったら無料か格安で設置をする」この言葉にはご用心下さい。

 

普通に考えれば設置には費用がかかるので、それが格安のコストでできるとなればかなりの儲けものですが、上手い話には裏があるという通りにこういうものの安さには裏があります。そしてこのモニター商法と呼ばれる詐欺行為もその例に及びます。

これはやはりこの業界が1つ契約すればそれだけかなりの利益となるために、そこに悪質な輩が付け込むのでしょう。何よりもう1つの問題としてまだ普及があまりされていないので一般の方はよく分かっていないというところです、よく分かっていないは詐欺師にとって相手を騙す上では絶好のチャンスです。

 

では実際にこのモニター商法はどのような悪質な行為かというと、まずは前途したモニターになったら、という言葉で相手を誘います。そして実際に契約をする際には高値の金額で契約をさせます。このように安く誘って実際は高額契約というのがモニター商法です。

 

そもそもこの格安というのもシステムを知らない人にとってはその安さが分かっていないので、見積もりでかなりの高額を見せて本来なら一般的な価格を安いと見せる錯覚の手法もあります。

 

こうした詐欺は営業マンが住宅を訪ねてくるというケースがほとんどなので、訪問してきた営業マンが持ち出してきたら断りましょう。

 

}PgžxQ

Comments are closed.